睡眠で成長ホルモンを味方につける!

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆さんはの睡眠時間はどれくらいですか?

私は6時間くらいです。

寝過ぎても頭が痛くなるので汗ほどよく 寝ます。Zzz

今日はそんな睡眠についてです。

題して

“眠れる美女”がキレイの素!! です!

 

筋肉がキープできる

年齢とともに落ちていく筋肉。

成長ホルモンは、筋肉量の増減にも深く関わっている。

 

脂肪燃焼効果あり 

代謝にいい体が脂肪を燃やすのは周知の事実。

代謝には質のいい筋肉が不可欠。

 

③美肌や美髪をつくる

成長ホルモンは、エラスチンの活性やコラーゲンの成長促進のも大きく関わっている

 (エラスチンとは・・・コラーゲンと共に網目状にネットワークを形成し、コラーゲンの線維をつなぎ止めるようにして支えている  弾力線維です。皮膚や血管などの弾性に富む組織に多く存在しているタンパク質の一種で、ゴムのように伸縮する性質があ  ることで、肌に柔軟性を与えているといわれています。)

④メンタルも安定する

バイタリティの向上や幸福感の増進など、メンタル面にも成長ホルモンの影響は大きい。

 

 

ヽ(゚◇゚ )ノ

とくに、私は④のメンタルはまさに・・・と思いました!

朝バタバタすると一日、慌ただしくなんかスッキリしない!

でもしっかり寝て少し早めに起きて余裕のある朝!

気分が良いです!

メンタル作りには睡眠と時間の使い方も大事だなと思いました。

たまにはゆっくりと落ち着いて考えたり、逆に何も考えない無の時間もなくてはならないと思います*

時間に追われるのではなく、少し余るような時間でそこで甘いお菓子がつまめれたらさらにHAPPYです( ´艸`)

睡眠中に分泌される成長ホルモンが、私たちの体にもたらしてくれる作用とは?

それは健康や美肌だけではなく、メンタルの安定まで。

まさに眠りは、体と心のすべての素、と言っても過言ではない!

 

今日はほんの少しです。まだまだ続きがあるのです

次回また読んでください音譜

やまうちコスモス

名東区一社の美容院 STUDIO A 0527732003  

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です