【髪の不思議】Q,髪は濡れるだけでも傷むんですか?

Q,髪は濡れるだけでも傷むんですか?

 

A.

髪ってでも傷むんです!

弱酸性で安定する性質の髪は弱アルカリ性である、水に触れると、PHが変化してタンパク質の間に隙間を生んでしまうのです。

この隙間に水が入り髪を膨らませ、キューティクルが開いてしまうなど、髪を不安定な状態にしてしまいます。

では、このPHとはなにか?

ひとことでいうとアルカリ性・酸性といた水溶性の性質を図る”ものさし”。

PHは1~14までの値があり、

真ん中のPH7が「中性」、

酸性の代表・レモンはPH2~3で酸性、

石けん水はOH9~10でアルカリ性となります。

日本の水道水平均値はPH7.8で弱アルカリ性。髪はアルカリ性に傾くとキューティクルが開くという性質があります。

パーマやカラーにはこの性質を利用して、髪をアルカリ性にすることで変化を起こしています。

水で濡れたりシャンプーした痕は、髪にやさしくしてあげてくださいね。

ちなみに炭酸水は弱酸性!

ツルツルになりますよ♪

炭酸シャンプー→http://ameblo.jp/studio-a-nagoya/entry-11559531921.html

名東区一社の美容院 STUDIO A 0527732003

やまうちコスモス


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です