ダメージレスのヘアカラー、施術ポイントと最善の方法

名東区一社の美容院

こんにちは!名東区一社の美容院スタジオエー野村です(^^♪
今日はSTUDIO Aのヘアカラーについての考え方や実際の流れなどを記事にしたいと思います!

当、美容院のカラーリングで特にこだわっている事は、ずばりダメージレスです!
もちろん髪の色でイメージが変わりますので、色調で楽しむ提案はさせていただいていますが一番重点を置いているのは極力髪を傷ませない事です。

傷ませてしまうと、艶がなくなり不健康にみえてスタイリングもしづらくなります。

しかも傷んでくると不可能な色もあり色味も幅が限られてしまい、元も子もない状況に陥ってしまう事もあります(+_+)

言ってしまえば、素敵が半減してしまいます。

ですので、はじめにその日のカラーをどうするかという話の中から少しでもダメージを減らせる最善方法をおすすめさせて頂いてます。

問診・視診・触診

もちろんお客様の希望は聞きますが、どんな色味にしたいかという事よりもどんな雰囲気にしたいかという事を重点的に問診します。

これは先程も述べましたが、その時の髪のダメージレベル・前回までのカラーの履歴・髪質によって適する色もあれば適さない色味もあります。

また色相や色の彩度により明るくみえたり、軽く見えたり引き締まってみえたり様々な質感になるのと髪型との相性や元々その方がなりたいイメージや女性像とのバランスが重要で、色だけで考えてしまうと失敗する・・・似合わなかったり、思っていた仕上がりと違うというケースがあるからです。

そういった話をしながら、観た感じのツヤ感は根元から毛先にかけてどこまでつやがあるのか・前回までのカラーの残り具合はどうかを目で確認し、手で触った時の感触は根元からどこまでが滑らかでどこから手触りが変わるのかということもチェックします。

ですので、お客様の希望(どんな雰囲気にしたいか)を理解し今の髪の状態を把握したうえでプロとしてダメージレスで最適なヘアカラーデザインをジャッジするようにしています。

 

施術工程

実際に染めていく工程のなかでも、やはりダメージレスを意識しています。

薬剤選定ではもちろんその日のカラーデザインに必要最低限のパワーのものや全く傷まないものの中からセレクトしています。
そちらの内容はこちら
    ↓    ↓    ↓

普通に染めていると白髪は増えます!≪ヘアカラー≫をしながら頭皮を元気に

続・普通に染めていると白髪は増えます!≪ヘアカラー≫をしながら頭皮を元気に

塗布工程は根元から毛先まで全体に薬液(カラー剤)を塗布してから10分~30分程度反応させる美容院さんが多いと思います。
スタジオエーでも最初から毛先まで塗布するケースももちろんありますが、その時のカラーデザインや色持ちさせたい期間との兼ね合いで毛先への塗布はシャンプー台で行い髪に薬がついている時間を最小限に抑えて行う事も多々あります。

塗布する量も多すぎず少なすぎず最適な量を塗布していきます。

美容院側からすれば、はじめから全体にたくさん塗ってたくさん時間をおけば一番美容師さんが携わる時間も少なく効率が良い事は確かですが何でもかんでもそれで良い訳ではありません。

塗布する量は適量が一番キレイに染めあがりますし、髪に塗布されている状態の時間が短ければ短いほどダメージも軽減されます。

もちろん短すぎれば色持ちが悪くなってしまったり発色が足りないケースもありますが、それも美容師がカラーデザインに対して最適なジャッジがなされていれば問題ありません。

ハケのあたりやコームのとかし方も意識しています。

ソフトタッチで髪が引っかからないようスマートに工程をすすめることで、なるべく傷まないように配慮しています。

必要であれば、水スプレーで髪を濡れた状態にしてからスムーズに塗布手順がすすむようにもしています。

カラー施術直後の髪のキューティクルは極めてデリケートな状態にありますからシャンプーする際にもなるべく摩擦が起きないようにしています。

また当美容院ではトリートメント施術されない方へもカラーで残りやすい成分、傷みの元になる成分もしっかり除去できるようなものを必ず使用しています。

ファッションカラー(オシャレ染め)もグレーカバー(白髪染め)も永い間年齢を重ねても楽しむには極力傷ませずに付き合っていく方法が一番だと思っています。

STUDIO A
名古屋市名東区高社1-157 ロレックス一社1F2号
℡ 052-773-2003


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です