2016年春 ツバメの観察日記!

スタジオエーのつばめ

こんにちは!!!名東区一社スタジオエー野村です(^^)
今日は最近お店の前に巣をつくっているつばめさんたちについての記事です!

以前よりブログでツバメの営巣について話題にさせていただいておりますが、繁殖期(4月半ば頃~)になるとすでにあるスタジオエーの軒下の巣に戻ってきて(帰巣本能)枯れ草などをしきつめて卵を育てる環境を整えてるようです!

そもそもツバメという鳥は皆さんご存知のように渡り鳥です。秋になり、エサとなる昆虫が少なくなりはじめると南へと移動します。日本にくるツバメは、フィリピン、台湾、オーストラリアで越冬するものが多いようです。
そして、南半球が寒くなりはじめると長い時で1日300㎞近く飛行し、数千キロ離れた日本へと戻ってくるのです。

このツバメという鳥は、人間との結びつきが強い鳥で古くから益鳥として大切にされてきました。水稲栽培が中心の日本ではスズメやカラスといった鳥は穀物を食してしまいますが、ツバメは昆虫を食べてくれるのでありがたがられていました。
また、ツバメが営巣をしている家は商売繁盛の印や、縁起がよいとされ人間もツバメの巣作りには寛容で木の板を巣の下に設置したり、中には玄関に巣作りするツバメの為に営巣中は窓を開けっ放しにしている家もあるようです(農村など治安に不安がない場所に限られますが(^_^.))
ツバメ側も人間が出入りする場所は、蛇やカラスなど危険が少ないということで人間をガードマン代わりに利用しうまく共生をしております。

そんな毎年見る人の心を温かくしてくれるツバメですが、近年は農耕地の衰退でエサ場が減少していたり、また巣作りに適した日本家屋の減少、中にはツバメの巣自体を迷惑だと壊してしまう方もおり、近年ツバメは大きく減少しているようです。

前置きが長くなってしまいましたが・・・
スタジオエーで営巣しているツバメさんの近況状況です。

まえの記事でも少しふれましたが・・・

↓   ↓   ↓   ↓

ツバメの事が載ってる記事1

つばめの事が載ってる記事2

存在に気づいたのは先々週の休み明けの日だったんですが、

はじめは父鳥と母鳥がせっせこせっせこ巣に枯れ草を運んで来ては巣の補強運んできては巣の補強の繰り返しで、1日に何度もいったりきたりしていました。

1週間程それが続き、元々ある巣にそんな補強する必要あんの??と思いネットで調べてみるとやっぱり元々ある巣の補強は2~3日で終わるとのこと。

次第に「ここにきてるつばめちゃんたちはちょっととろいのか?!」と思ってきていた矢先、

つばめがいなくなりました・・・・・。

はじめは毎朝のぼくの出勤時間にはすでに巣からでて動き回ったりしてたのが、だんだん巣に居座っている時間が増えてきて「おっ中みえないけど卵産んだのか?」とおもっていたのですが、
つばめ2016
今日の朝きてみると、、んっ今日は居座ってないなぁ、、、

1時間経過・・・・・こないなぁ・・・・・

毎日気にしてみてると、来なくなっちゃうのはさみしいもんですねぇ。

ネットで検索してみると、こなくなってしまった理由として考えられるのは

・猫、蛇、からすなどに狙われ危ない目にあった

・気温差

・上記の他になにか危険を感じた?!

猫や蛇はあんまりこの変でみないし、カラスもあんまりみないし気温差か?

2時間経過・・・やはりこない・・・

akiさん「ちょっと巣の中のぞいてみる?!」

野「でも、そののぞいてる間に帰って来たら余計警戒させちゃうし、今日1日は様子をみましょう!」

3~4時間経過・・・ ・・・・・ ・・・・・・・・ んぅんうううん~やっぱりもう我慢できーーーーーん

ということでみちゃいました!

どーーーん!
tamago
や、やっぱり卵があるぅぅぅぅぅぅーーー!!!!!

1時間経過・・・

ぴちゅぴちゅ

そしてつばめがかえってきたぁぁぁぁーー!!!

ネットで調べてみると一日1個ずつ産んでいって、3~7個産んだ後に抱卵にはいるそうです!

ということは明日また一個ふえるのかな??

もしかするとこのカテゴリーの記事は今日が最初で最後かもしれませんが・・・ごきげんよう。

名東区一社の美容院 STUDIO A
名古屋市名東区高社1-157 ロレックス一社1F2号
℡ 052-773-2003


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です