ついに孵化しました!ツバメの観察5!!!

こんにちは!すでに最近夏バテ気味の軟弱男名古屋市名東区一社スタジオエー野村です(^^)/

今回で5話目になりますこのブログ、そろそろ飽きている方も多いんではないでしょうか笑しかし続けていきます。タイムリーに。しつこく”(-“”-)”
できれば相当苦痛でないかぎり最後の方まで読んでやってください”(-“”-)”
前回までの記事はこちら
↓   ↓   ↓
2016年春 ツバメの観察日記!
ツバメの観察日記2 卵がふえましたーー!!
ツバメの観察3!!
いよいよ抱卵にはいりました!つばめの観察4!!!

前回の観察日記で対ツバメのふん&雛が落っこちちゃっても大丈夫だよ野村オリジナルBOXをご披露させていただきました!

翌日みてみると箱がギリギリの大きさだったようで、ふんがはみだしてしまいそうなギリギリ感は否めませんでした。しかしなんとか今日までは枠内におさまってくれていて、そうじの面ではだいぶ助かるようになりました。
しかしですが、親父が、、親父鳥が、、、巣には母鳥しか入るスペースがないようで、親父のヤツが・・・・・。
tsubameoya

違う場所でどうやら寝床として使用しているようです。まあ親父鳥のふんだけなのでそうじも簡単に済むのでまだ大丈夫ですが、雛が卵から孵ってからが野村オリジナルBOXの真価が問われますね。

そうこうしているうちに卵がかえるかなぁかえるかなぁと毎朝楽しみにしていましたが、なかなか孵らない。抱卵にはいってから孵化まで1週間ほどという野村情報がありましたが待てども待てども孵りません。やはりウチにいらしているツバメちゃんたちは行動が平均より遅くトロイのかとまたもや疑ってしまう始末。しかしネットで再度検索してみるとなんと抱卵から孵化までの期間は平均2週間とのこと”(-“”-)”

すみませんツバメさんまたあなた方のことを疑ってしまいました”(-“”-)”
抱卵に入りだしてから2週間目の日から月曜火曜とSTUDIO Aはちょうど連休日でした。ですので連休明けの水曜日の朝でした。
“ついに孵化しました!ツバメの観察5!!!” の続きを読む